月別アーカイブ: 2016年1月

活躍

ウイルスから見たら、冬は一番活躍できる時です。感染力が向上するばかりか、空気中の湿度が低下すると、ウイルスの水分もなくなって比重も下がりますから、空気中に浮遊することが増え、感染しやすくなるというわけです。
無理矢理に下痢を食い止めると、体にウイルスもしくは細菌が残り、症状がさらに酷くなったり長引いたりするのと同じ様に、現実的には、咳が出ても気にしない方が良いと指摘されています。
糖尿病というと、インスリン生成が期待できない「1型糖尿病」も存在するのです。この病気は自己免疫疾患だとされていて、遺伝的ファクターが密接に影響を及ぼしています。
自律神経失調症と申しますのは、誕生した時から多情多感で、極度に緊張する人が陥ってしまう病気だと教えてもらいました。鋭敏で、ちょっとした事でも心配したりするタイプが大部分です。
アルコールが元凶の肝障害は、急速にもたらされるわけではないとのことです。そうは言っても、長期的にたくさんの量の酒を飲んでいると、確実に肝臓はダメージを負うことになります。
身体の何処を見ても、異常はないと言えるのに、手・腕だけが膨らんでいるという方は、血管狭窄が誘因の循環器系の異常であったり何かしらの炎症があると思います。
動脈は年を取れば老化し、段々と弾力性も奪われ、硬くなるようです。要するに、動脈硬化は老化現象に違いないのですが、その進み具合は個人毎に決まっているのです。